ケータリング・デリバリーのメリット・デメリット

ケータリング・デリバリーのメリット・デメリット

ケータリングとデリバリーそれぞれのメリット・デメリットを感じる点は利用する人によってそれぞれ違いがあり、極端な場合は、メリットと感じていることがある人にとってみればデメリットと感じているといったこともあります。

 

ここでは、一般的に言われているケータリングとデリバリーのメリットとデメリットについて列挙してみましょう。
ケータリングのメリットは あらかじめ日時や場所、料理内容やその他のサービス内容を指定しておけば、そのとおり対応してもらえることです。そのことで「時間と労力を省け」「豪華な雰囲気が演出され」「一流シェフの手による出来たて料理を味わえる」といったことでしょう。

 

しかし、デメリットとしては「自分たちで料理や準備する場合と比べる費用がかかる」「料理・ドリンクの他に出張料などの費用がかかる」「少人数でのパーティーなどには、対応してくれない場合がある」といったことがあります。

 

次にデリバリーのメリットは、何といっても「手軽で手間がかからない」ことと言えるでしょう。好きな時にいつでも、電話一本・メール一通でオーダーできます。また、オーダーした料理は指定の時間に配達してくれますし、受け取りの際にその場で精算できます。

 

しかし、デメリットとしては、特にフード関係のデリバリーの場合には「製造場所や交通事情などによって、どうしても配達に時間がかかる場合があることです。出来たてを食べられないということは、ラーメンや蕎麦などの麺類の場合は伸びてしまうこともありえるのです。なお、利用シーンによっては、会場準備や後片付けなど労力と時間をとられることになります。