ケータリング・デリバリー業に営業許可や資格が必要か?

ケータリング・デリバリー業に営業許可や資格が必要か?

ケータリングであれデリバリーであれ、料理を提供する店を開業する場合には、かならず許可や届け出を行わなければなりません。店舗の「営業許可」は保健所に申請し、事業の開始届けは税務署に提出します。

 

店を経営している人が店舗内で料理を提供する場合は、営業許可を得て店を経営するのですから何の問題もありませんが、イベントや催事会場などに出向いて不特定多数の人を対象に料理を提供する場合は別途、管轄する保健所に届け出をして営業許可を得る必要があります。

 

そのことから、依頼者の指定の会場を訪問してその場で調理を行うケータリングや車などを使った移動販売においても、営業許可の取得が義務付けられているのです。
なお、料理を提供する店を開業する当人または開業店の従事者のうちから「食品衛生責任者」1名を定めて置くことが義務付けられています。

 

調理師または栄養士などの国家資格をすでに取得している場合には申請だけでいいのですが、もし資格を取得している人が一人もいない場合には、食品衛生責任者に予定されている人が保健所で講習をうけることが必要になります。

 

また、移動販売を開業する場合も食品衛生責任者の資格取得者が必要とされており、ケータリングカー1台につき1名の資格取得者が配置できないと開業できないのです。
こうしたケータリング・デリバリー業に関する許可や資格については、自治体によって必ずしも同一ではありません。

 

 

開業や営業開始にあたっては、必ず管轄保健所に事前相談に出向かれることをおすすめします。