どちらも便利だけど、似て非なケータリングとデリバリー

ケータリング・デリバリーの意味

ケータリング(catering)のcaterには「料理を賄う」、「必要なものを提供する」という意味があり、ケータリングとは、ホテル付随のレストランやケータリングを行うレストランなどが、顧客の指定する会場や家庭まで食材や調理機器などの全てを持ち込み、現地の厨房施設を利用して調理や盛付けを提供することです。

 

ケータリングの利点は顧客が指定する場所で調理することから、温かい料理は温かいまま冷たい料理は冷たいまま料理が提供されるというところです。

 

しかしホテルやレストランの調理場で下ごしらえをした食材を持ち込んだり出来あがった料理を会場に提供する場合も、ケータリングと呼ぶのが一般的なようです。

 

なお、ケータリングは、料理の提供だけではなく「備品の準備」「会場の設営」「パーティーや宴会中のサービススタッフ派遣」「後片付け」など、関連するものすべてに対応してくれます。

 

一方、デリバリーとは「貨物・郵便物の配達・配送」「荷などの引き渡し・受け渡し」「弁当や料理・食材などを出前・配達する業者またその食品」のことを言いますが、ケータリングとともに使用されるケースでは、「弁当や料理・食材などを出前・配達する業者またその食品」を指します。

 

ケータリングと同様な表現をすると、デリバリーとは顧客が指定する会場や家庭まで弁当や料理、食材などを出前・配達してくれる業者やその料理などのことです。

 

なお、デリバリーは「出前・配達」だけのサービスですから、ケータリングのように「指定する会場や家庭での調理・盛付け」「会場の設営」「後片付け」などには対応してくれません。

ケータリングとデリバリーの違いは?

ケータリングとデリバリーの決定的な違いは、次の2つです。
1つは「提供する物の違い」です。
ケータリングは、料理の提供だけではなく「備品の準備」「会場の設営」「パーティーや宴会中のサービススタッフ派遣」「後片付け」など、関連するもので顧客が希望するすべてに対応してくれます。

 

ケータリングの場合は調理場の無い宴会場や場所で、様々な調理関連機器や水光熱機器が持ち込まれます。
しかし、デリバリーは「出前・配達」のサービスなので、店で作った料理の出前・配達に限られます。

 

料理に合わせて容器や温度維持の工夫は行われますが、会場の設営や後片付けなどは注文した人の役割です。なお、デリバリーでは、使い捨て可能な紙容器(皿)を使用するとともに紙おしぼりやごみ袋などを同時に無料で届け、簡単に後片付けができるよう気が配られています。

 

他の1つは「調理を行う場所の違い」です。
ケータリングでは、ホテルのレストランやケータリングを行うレストランのシェフが必要な食材や調理機器などを顧客から指定された会場や家庭に持ち込み、そこの調理場や台所を利用して調理を行います。

 

なので、ケータリングの特長の一つである「温かい料理は温かいまま、冷たい料理は冷たいまま」で食べられるのです。
デリバリーの場合の調理は、レストランや飲食店の調理場で行われます。なお、デリバリーにおいても適温、食べごろの温度で顧客に届けられるよう、保温・保冷方法や配送時間などに配慮が払われています。